オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • 展示する
  • ヘッドライト

メリット

展示する

自動車のタイヤを交換するときは、店舗で購入するか車検の時にディーラーや自動車整備工場で交換するのが一般的だと思いますが、通販で購入することもできます。
タイヤを通販で購入することは、以下のようなメリットとデメリットがあります。
通販のメリットは、店舗に買いに行く手間が省けることです。
タイヤは在庫があれば3~4日くらいで届きます。
また、店頭で買うより安く買えることが多いことです。
インターネットを使って業者を比較すれば、簡単に一番安いところが見つかります。
それに、店頭には置いていないタイヤも購入することができます。
国産メーカーよりも非常に安いアジアンタイヤは通販でしか購入できない場合もあります。
自動車にあまり乗らない人や自動車の乗り心地にこだわらない人は、こういう安いタイヤでも問題ないでしょう。
通販のデメリットは、ある程度タイヤの知識が必要なことです。
自動車に興味がない人は、ディーラーや自動車整備工場に全てまかせてしまいがちですが、通販で購入するときは、タイヤのサイズや製造年、耐用年数などを自分で調べなければなりません。
また、店頭で購入するときは新品を購入できますが、通販では製造年が古いものが届くことがあります。
ただし、保管状況が適切なら製造から5年くらいたっていても特に問題はありません。
また、通販で購入すると、送料とディーラーや自動車整備工場に持ち込んだ時の工賃がかかります。
送料と工賃を足すと通販の方が高くなってしまうこともあるので、事前によく確認しておきましょう。

タイヤは通販で買っても大丈夫

ヘッドライト

 最近ではWebでも自動車タイヤ通販というのを目にするようになってきました。
国産品から輸入品まで品揃えは豊富で、サマーだけでなくスタッドレスも取り揃えています。
自動車販売店やタイヤ専門店と比べてもかなり安い価格のようですが、品質については問題ないようです。
特に輸入品の場合、信じられないくらい安い価格で販売されています。
 通販でタイヤを買う際に気になるのは、自動車への取り付けをどうするかということのようですが、最近の通販では、タイヤをホイールに装着してバランスを取り自動車に取り付けてくれる業者をWebサイトで紹介しています。
事前に希望する地域の業者と話をしておいた上で、通販業者からタイヤを直接業者に発送してもらって、あとは業者のところへ自動車で行ってつけてもらうことになります。
 この場合、取り付け工賃は一律ではなく、業者によってかなり開きがあるのが実情ですから、工賃についてしっかりと確認した上で業者を選ぶ必要があるようです。
また、ホイールも含め、自動車に装着可能かどうかを確認するため、通販業者に自分の自動車のことを伝えておくことも大事です。
 それから、通販でタイヤを買う場合、国産品ならだいたいの性能はわかりますが、通販では輸入タイヤにも力を入れていて、特に多いアジア製などについては性能を心配される方があるかもしれません、実際は、性能的にも問題はないのですが、安心して装着できるよう、製品の性能やコンセプトなどについて事前に確認しておく必要があります。